輪郭形成治療の方法について

リスト
▪ちょっとのズレが身体全体に影響してしまう
▪整形前には医師との疎通
▪比較的にヒアルロン酸などは短時間で処置
▪実績と経験豊かな医師に相談

整形前には医師との疎通



えらや頬骨を取るだけでなく出っ歯を治すこともできますし、顔の長さを短くするなど小顔を実現することもできます。ただ理想の形に作ってもらうためにも医師ととことん話し合い、どこにコンプレックスを持っているのか、どういった部分を改善したいのかをきちんとイメージを共有できるようにする必要があります。数センチ・数ミリの違いでバランスが崩れているものを正常に治すのですから、医師のセンスによってもぜんぜん理想と違う顔が出来上がる可能性もあります。切ったり削ったりしたものを元に戻すことはできません。できるかぎり、いくつもの症例を持つ信頼できる医師探しをするようにしましょう。輪郭形成 手術を行なうためには骨の構造や皮膚・歯との関係などきちんと把握した医師でないと難しいです。リスクの可能性についても担当医ときちんと話し合っておく必要があります。形成外科の中でも特に、クラニオフェイシャルサージャリーを習得した医師しか手術をすることはできません。ダウンタイムは2週間以内で治まるでしょうが、手術の性質上、手術結果が得られるまでにかかる日数は6ヶ月程度にはなることも理解して置きましょう。